2011年9月30日金曜日

PBP2011 Stage06_1:やっと晴れた、さあ輪行

 8/15。
マーストリヒトからユトレヒトまで電車で移動した後、風車を見ながらオランダサイクリング予定。

ここまでずっとイマイチな天気だったけどようやく晴れ。
なのにいきなり輪行とかあまりに勿体無いです。ま、私がプラン作ったら電車に乗ることもなくひたすら走るだけのもっとつまらない旅行になっていたのかもしれません。

朝早いのでホテルで朝食を食べずに出発。
オランダの自転車道は凄いってtweetした時にグレーチングどうなってるの?みたいな返答がきてたから写真撮りましょ。


こんな風に通行のジャマにならない位置にあります。


「車道の半分くらいの自転車レーン」なんて書きましたが大嘘でした。8割くらいの広さです。


朝焼けのマーストリヒト駅。
窓口はまだ開いていないのでしばらく待たないといけません。もっとホテルでゆっくりしてもよかったのでは。


朝はかなり寒いです。
半袖&短レーパンでしたが、周りを見てもそんな薄着な人はいません。コートとか羽織ってるし。


この電車がユトレヒト行きかな?


朝ごはんをキオスクで買い込みます。


電車の中の説明。これを読むと折りたたみ自転車は無料で乗せられるみたいです。
普通自転車は1日6ユーロでした。(窓口で買ったので6.5ユーロ)


自転車を立てかけます。
ドイツで乗った列車のようにここは自転車用車両で席をたたんで自転車置いて隣に座ればいいのです。

途中でママチャリが数台乗ってきて自転車車両は満杯になってしまいました。
自転車を放置して客車に移動して朝ごはん。


毎朝チーズなのでチーズ以外のものが食べたいとレーズンパンを買ったらこれにもチーズが挟んでありました。

2時間ほど電車に乗ってユトレヒトに到着です。
途中窓からラボバンクのビルが見えました。どれもかなり凝った建物です。その後見たラボバンクビルも形がヘン。


車内のトイレは壁1面がドアになっていてガバっと開きます。
車椅子でも入れるようになっているのでしょう。


ユトレヒト駅のエレベーター。
自転車の人が多い為か大型です。4人乗っても大丈夫。


前日twitterでオランダ凄いと呟いたあと、自転車道が整備されているのはマーストリヒトだけで他の都市は全然だったらどうしよう、と少し不安でしたがユトレヒトもしっかり自転車快適都市。よかった。


ここまでまだ600kmちょっとしか走っていないのにパニアバッグのプラスチックが反ってしまいました。国内でそれ以上走ってもなんともならなかったんだけどな。石畳が原因でしょうか。

パニアバッグは少し反ったくらいで壊れることなく最後まで役目を果たしてくれましたが、ダメだったのが写真のワイヤーロック。
縦の継ぎ目が剥がれてきてロックしててもワイヤーがそこから抜けてきます。カギとしてどうなのさ。


こういった花柄などの派手なパニアバッグも見かけます。
素材は布っぽくて、オルトリーブは全く見ません。自国の製品を使っているのでしょうか?


あとはヘルメット。誰も被っていません。
ドイツ、モーゼル川沿いはポロシャツとかのオバチャンも3割くらい被ってましたがこちらはロードですら被ってません。
ヘルメットを被るという文化は無いようです。


交差点での自転車レーン。この後は川沿いを走ります。


青い空が映りこんで綺麗です。写真を撮りまくっていてちっとも進めず妻からダメ出し。


風車だ。
妻によるとここはまだ風車地帯じゃないそうで、今日の後半に風車で有名な場所を通るようです。


川にかかる跳ね橋は微妙にナナメってます。
そうか、ピッタリの幅で作ったら少しのズレですき間が出来ちゃうからどれも長めなのか。


川の上には家が並んでいます。ボートハウス?
この家の土地所有ってどうなっているんでしょ。


ルートは高速道路へ。
道路沿いの自転車道は広々。とても走りやすいです。


道路下をくぐった後は幹線道路をはずれ小さな町中へと続きます。



0 件のコメント:

コメントを投稿