2011年9月18日日曜日

PBP2011 Stage03_1:勝ち組!勝ち組!

 8/12。
よわよわ合体した鈴木家はモーゼル川沿いのサイクリングロードを走ってクースまで。
7:30に起きるも体が重くてダルいです。それにどうも天気が怪しげ。ヤだなあ。


前半戦で一番高級な(といってもそんなに高くない)だけあって、パンの種類もいろいろ。


それにチーズやサラミもいっぱい。


正直言うとチーズとハム以外のものが食べたいのですが、まあこれでも問題なし。
卵料理はスクランブルエッグを注文。妻は目玉焼き。

食べ終わると妻に早く出発の準備しろと急かされます。
熱っぽいとか大袈裟にアピールして布団に篭ります。気分が優れないのは本当、肉分が足りないのでしょう。

結局出発は10時半。どうせそんなに距離走んないんでしょ?朝寒いからこのくらいから走ればいいよ。


BUGAが何なのかよくわかっていませんが、街の大きな区域が金網で囲まれて入場料を取られるようです。中には何があるんでしょう、それよりこのヘンな子供人形は何?


あなた誰よ。
通りかかる人が結構写真を撮っていたので「コブレンツ君」とかそんな有名キャラかもしれません。


BUGAの駐輪スペースで。
前カゴついたママチャリ風なのに、このヘッドチューブの長さはいったい。


私の自転車、BB-サドル間は78cmで日本人としてはかなり高いほうです。
このママチャリといい、奥の自転車といい、サドル高すぎ。ドイツ人デカすぎでしょ。

こうやって立て掛けられるの駐輪場ってのが日本と違いますね。
こちらの自転車もスタンドなんて無いのが普通です。

ライン川とモーゼル川が合流する地点、"ドイチェス・エック"まで行ってみましょう。


ライン川沿いを走るとまたBUGAのチケット売り場とゲートが。
もしかして有料区域になってるの?妻が事前に調べた情報ではライン川向こうの城に渡るロープウェイも無かったようなのでイベントでいろいろ変わってるみたい。


街を観光する電車型バス。
よりも金網に立て掛けられてる自転車の数が凄い…
何か自転車のイベントでもあるのでしょうか。


パニアバッグ率が非常に高いです。5割以上がパニアバッグ。
そのうち4割がオルトリーブのパニア。やっぱりドイツだから?

あとはエアロバイクのハンドル(写真のフニャって曲がってるヤツ、なんて言うんだろ)も多いです。
エアロバイクハンドルが3割、フラットが4割、ママチャリハンドルが3割くらいでしょうか。
ドロップハンドル?そんなものはドイツには無いですよ。


モーゼル川側から"ドイチェス・エック"に来ることが出来ました。
目の前を流れているのがモーゼル川、奥から右下に流れるのがライン川です。
ここからライン川方向へはBUGAのため進めなくなっています。

さて、ライン川も見たことですし、モーゼル川沿いを先に進みますか。


川の向こうに書かれたあの文字は。
WIN人間!そう、ここはWIN人間なのです。
勝ち組ですよ、常勝、常勝、表彰台、と騒ぐ私に対し、WINNINGENは向こう岸だからアナタは違う。と妻は冷たい態度。

そうですか、ダメ人間ですか。
向こう岸に渡ってあの文字の上で小躍りする写真を撮られたい。


川沿いは暫く普通の車道ですが、道の脇が広くて走りやすかったです。
でも川の向こう側を走るサイクリストを良く見たので逆側のほうがメインルートなのかな?
(それかWINNINGENに憧れているか)


25kmちょっと進んだ時点で強くなる雨。バス停に退避します。
雨も嫌だけど寒いのも大問題。困りました。


若干弱まってきたので電車の駅を探すことに。
さっきから川の向こう側を電車が通っているのでそれに乗れば目的地のホテルまで濡れずに近づけるはず。
GPSで駅を探して引き返したところにあったのは貨物駅でした。

GPS用のフリー地図、データがいろいろ入ってるのはいいんだけど、バスの駅だったりレンタカーだったり船着場だったり、素人にはどれが電車の駅なのか難しいです。

途方に暮れてまたバス亭で一休み。
とにかく電車が走っているのは確かなので駅まで先に進みましょ。
しかしタフなのが現地の皆さん。ボロいクロスバイクにポロシャツのような格好の年配の方々、多少の雨をものともせずに走ってます。元気すぎ。

このモーゼル川サイクリングロード、サイクルジャージ着用は5%くらい。100台以上の自転車とすれ違いましたがドロップハンドルは1台のみだったかな。それも高級レーサーじゃないヤツ。
自転車はマンションの前に錆びて放置してあるようなクロスバイク系がほとんどで、年配の夫婦が多いです。皆普通のポロシャツでヘルメット着用率は3割くらい。

自転車はボロボロでもパニアバッグは豪華で私の荷物が雑魚レベルです。とっても違和感。
バカンスに夫婦で自転車旅行、サイクリングロードで豪華な宿泊先に向かう、って人が多いのでしょう。
コブレンツで駐輪してある自転車のあまりの多さに「何か自転車イベントでもあるの?」と思いましたが、BUGA目当ての旅行で家族やカップル、老夫婦が自転車を移動手段として(もちろんサイクリングも楽しんで)いるのかも。

日本とは全然違う自転車文化です。
日本はちょっと買い物に行くママチャリか、いきなり本気のロード(あるいはMTB)かの2極化が激しいですが、こちらの人々はママチャリで数十km走って旅行を楽しんでいます。

そんなことを考えながら走っているうちに雨も止んでいました。
モーゼル川はワインの産地。ブドウ畑の中を走ります。


やたら急な斜面一面にブドウがぎっしり植えられています。
写真のカートのようなものはブドウを収穫して運ぶ用でしょうか?まさか人は乗らないよね?
この急斜面をどうやって移動するのか、とにかく大変そう。


雨上がりのブドウ。


サイクリングロードは完全に車道をはずれてブドウ畑の中に。
川沿いなので起伏はほとんどありません。道の横からは急斜面ですが。


線路の向こう側にもブドウぎっしり。今日はワインかなー。



0 件のコメント:

コメントを投稿