2013年12月13日金曜日

PBP2011 Stage25_1:ショートカットでコース復帰

■9/5
  前日リタイアしたぶんを取り戻して予定してるホテルまで走らないと。
でも疲れてて起きたのは9時少し前。

  朝食はコレだけか…
ブッフェじゃないと夕方まで持たないだろうな。

  このクルクルしたのは何?
チーズのようなものかと思ったら味のしないバターでした。パンにつけるのかな?

  残念ながら雨。なかなか出発する気になれません。

  予定コースの峠を諦めて幹線道路を走れば目的地まで平坦150kmで着けるようです。もともと山岳サイクリングは前日で終わり、今日からはダラダラ消化試合予定でしたのでショートカットしちゃえばいいや。
  それに標高2000m超だと日本とは違った景色が広がってるだろうけど1500m程度だと木々の中走るだけ、なコースかもしれないし。後ろ髪を引かれながらベッドでゴロゴロ。

  自転車はガレージに止めさせて貰いました。

  カッパ着てイヤイヤ出発します。

  予定コースの峠方面。
上までは登らないにしても、やっぱりショートカットして正解だったかも。雨の中走ってもあんまり楽しく無いし、寒いし。

  走って行くうちに前方の空が明るくなっていきます。
ホテルから40km。今日はもう諦めていた雨は上がりました。

  エンディネ湖。

  気温はかなり上昇、さっきまで寒い言ってたのが嘘のよう。

  今日はほぼ平地で残り100km。ダラダラしても時間は大丈夫だろなと湖畔をまったり。

  スイスよりもイタリアのほうが(市街地で)自転車見かけるかなあ。
「チャオ!」なんて声かけてきてくれてイタリア人陽気でイイネ。PBPでは集団になってもヤツら前を引かないとの不満の声がチラホラありました。

  平地コース言っても150mほどの登りはあります。暑いです。

  ベルガモでは青空が広がっていました。
ホテル前の芝生でゴローン。昼寝して濡れた靴や靴下を乾かします。

  あ、レンタサイクルだ。
そこそこ大きな都市では良く見かけるようになりました。

  LaBiGiというのね。
各地で増えたと言ってもVerib'のような専用車体は少なく、ママチャリに毛が生えたようなものです。

  とはいってもハブダイナモでリア尾灯が点等したり、カゴ取り付けのバネがついてるキャリアだったりと、実用的な部分にはお金かけてるみたい。
  サドルはクイック緩めても抜け切らないようになってるのかな?ペイントでLaBiGi用ってわかるようにしてるだけかな?盗難されてるものはありませんでした。



0 件のコメント:

コメントを投稿