2011年10月23日日曜日

PBP2011 Stage10_2:鈴木家は行列が苦手

  パリです。時刻はまだ10時半。
ここ北駅からサンカンタンまでは40kmほどしかないのでノートルダムに寄り道していくことにします。


  パリの自転車レーン。
一見走りやすそうでも歩道の中にあるので段差があったりカクっと曲がってたり、車道に出てバスレーンと兼用になったりと、快適ではありません。日本も自転車レーンを整備とか言ってますが、こんな感じになってしまうのではないかと不安です。


  どーもくん、それは凱旋門じゃない!


  パリの街並み。
ここまでぐるっと回ってきて、国ごとに建物の違いがあって面白いです。


  セーヌ川沿いに作られた偽ビーチ。
あれ、4年前は大盛況だったのに、このガラっとした空きっぷりは何?
寒いから?、それとも4年ですっかり人気が無くなってしまったのでしょうか。


  ロッテルダムに続いてのダム、ノートルダム寺院へ。


  うわー、朝から凄い行列です。
こんなの並ぶの無理と4年前と同じくスルー。前回建物の写真を沢山撮ったからそれもいいやと、外からもあまり眺めず。
ノートルダムに寄ったのは寺院を見たかったからではなくて、サン=ルイ島でお土産を買おうと思ったからです。


  写真撮ってる人を撮ったり。


  ペリエを見たり。


  お土産屋ストリートは4年前から店がかなり変わっていました。半分以上違う店になってる感じ。
写真は前回無かったチョコレート屋さん。


  前回小物を買った雑貨屋は残ってます。結構繁盛してるみたい。
これまで牛写真を撮り続けてきて牛LOVEになってしまったため、ここでついに牛フィギュアを購入してしまいます。
「へい、この牛をくれ。サムライのヤツだ」と話かけると、店主が従業員に「倉庫から牛もってこい、サムライだ」と指示していました。サムライはフランスでもサムライ。


  牛(と家族へのお土産)を買ってニヤニヤしながらセーヌ川沿いをサンカンタンに向かいます。


  Verib'に乗った家族とPBP参加者。このあたりからPBP参加者も目立ち始めます。
さきほどお土産を買った店でもPBPジャージを見て「参加するの?私も出るんだよ」とアメリカから来た人に声をかけられました。


  エッフェル塔に寄り道。


  時間もあるので芝生でゴロゴロします。


  エレベーター入り口は長い行列。
鈴木家は行列が出来る有名どころは一生入れないのではないかと妻。


  馬車が通ってました。


  あ、日本語です。こんなのあったんですね。


  ビルに映る雲。気温はどんどん上昇していきます。


  気球が上下してました。
Air de Parisと書かれたこの気球、大人は平日9€、週末11€で乗れるようです。
乗りたかったけどもしかして行列かなあ。


  Verib'カーです。過密ステーションから過疎ステーションへVerib'を運んでいる…わけではなくて、ただの宣伝カーみたい。

  Verib'の一定の成功を受けてか、パリでは今年10月から似たような仕組みのEVカーシェアリング、Autolibの試用が開始されました。
パリは大都市でありながら、こういった新しい仕組みに取り組んでいくのが素晴らしいと思います。


  セーヌ川から外れてパリとはお別れ。


  そしてベルサイユ宮殿へ。もちろん中に入って並ぶ気はありません。
有名観光地をめぐるよりも街並みをブラブラするほうが好きだから寄らなくてもいいんですよだ。



0 件のコメント:

コメントを投稿