2011年10月22日土曜日

PBP2011 Stage10_1:TGVでひとっとび

 8/19。
TGVでリールからパリへ。その後はぶらっと走ってPBPスタート地点、サンカンタン。
今回の旅の目的はヨーロッパ地図に大きく走行軌跡を引くことで、電車でワープとか悔しいです。
オランダで会ったロシアチームはこの区間も走ってるんだろうな。

ヨーロッパの電車、国内ローカルなヤツは自転車をそのまま乗せれるものが多いですが、国を跨ぐ鉄道はダメなものも結構あります。
TGVは自転車車両がついてるものならそのまま積み込み可。リールからパリまででそのタイプは1日数本と少なめ。

乗せられないと困るので早起きしてリール駅へ行き、チケットを購入します。
自転車券は事前にネットで購入できないのです。


朝はフランスパン。フランスといったらフランスパン。
この長いパンをやたら目にします。道を走っていても夕方になるとパンを抱えた人をちらほら。 


それからフレーク。


このホテルの食堂には自転車レースの写真が飾られていました。


リール駅周辺はかなり栄えています。
写真のカッコイイ5連のビル(右側の1棟は写っていない)にはカルフールが入っている模様。


カラフル過ぎなビルの横を通って


リール駅へ。なんだか凄い形のビルです。


L字型のこのビル、リールのLなのでしょうか。


ホームは地下にあります。駅の建物もちょっとオシャレ。


チケットはあっさり買えました。
出発まではまだ1時間。駅から出て観光するほどでも無いし、中途半端な時間です。
前日にチケット買っておけばよかったと妻。


駅から見えるのは毒々しい花。パックンフラワーみたい。


時間まで駅をブラブラして過ごします。
電車は発車が近づくまでどのホームから出るのかわかりません。20分くらい前になって電光掲示板に表示されました。


自転車車両にはウチら2台のみ。
4年前日記にも同じこと書いてますが、前輪でぶら下げるのでカーボンホイールとかだとイヤかも。
その場合は吊らずに横に置いちゃって問題無いと思います。


車内ではベルギーで買ったチョコレートをぱくぱく。
このTGVはリール-パリをノンストップ。


1時間ちょっとで200km先に着いてしまいました。あっという間です。


TGVの横に止まっている赤いのがTHALYS(タリス)。
パリからベルギー、アムステルダムを結ぶこの電車には自転車そのまま乗車は不可。


到着したのはパリ北駅。発着の電光掲示板とか高い天井とか、リヨン駅に雰囲気が似ています。


駅の売店。


パン屋さんはどこにでもありますが、結構絵になると思います。写真撮ってて楽しいです。


駅には銃を持った軍人(警察?)が徘徊。
こいうった写真って撮ったら怒られるよね、撃たれないかビクビクしながらササっとシャッター。


駅から外に出ると濡れてます。雨ではなくて掃除で散水しただけのよう。
日本出国してドイツに入ってから今朝のリールまでずっと寒がっていましたが、パリに着いたらいきなり暑すぎ。



0 件のコメント:

コメントを投稿