2011年8月31日水曜日

PBP2011仮 8/26-28

※こちらはPBP2011当時に書かれた日記ドラフトです。帰国後に書かれた写真つき日記はPBP2011カテゴリーに。

・8/26
 予定ではもっと早くゴールして回復する予定が、睡眠もあまりとれずに翌日にサイクリング後半の部開始。
この日は160kmくらいブドウ畑の中を走ってワイン醸造所みたいなところに泊まって、のつもりだったが、なにをどう勘違いしていたのか続くのは何もない広大な荒れ地。もしくは枯れたヒマワリ畑。
 んーなんでブドウ畑なんて勘違いしていたんだろう?最初の予定ではそういうつもりだったんだっけ?
とにかくこの退屈な道はPBPだ。PBPの続きだ。ハリネズミやナメクジも沢山落ちてる。

 降ったり止んだりな天気の中、思いっきり普通の宿に到着。チェックイン締め切り時間30分前。
ホテルの鍵は閉まっていたが、ピンポンしたら「オーミスタースズキ?」とか言って出てきた。鍵を貰ってチェックイン。すぐ寝る。


・8/27
 このホテルの朝食はパンのみ。次のホテルもそうだったし、この辺ってパン&コーヒーだけが多いのだろうか?
補給食を購入するのが面倒だったのでホテルでパンを売ってくれないか頼んでみる。1本買う。
 前日よりはやや激しいアップダウン、そして枯れたヒマワリ畑。
最高標高は500m強とPBPの高低をちょっと引き伸ばした感じ。やっぱりPBPの続きだ。
補給食はやっぱりパン。すぐ買えて安いし、味も安定していていい。
この日もチェックイン時間30分くらい前に到着。ギリギリ。

 親切なホテルのおばちゃんが英語でいろいろ説明してくれた。
レストランでも「肉ちょうだい」と言って適当に貰う。飲み物はワインボトルで、6ユーロだって、安い。
宿泊費と夕食、朝食代合わせて53ユーロ。ホテルの感じもよく、そこそこ客が入っていたのも頷ける。


・8/28
 いよいよ山岳コーススタート。
宿泊先のホテルは24時間チェックイン可能。だからって270km超のコース設定はやり過ぎでは。
膝も痛く、このペースだと到着は深夜2時過ぎになりそう。
 途中のお祭りに寄ってクレープやホットドッグを買ったり、通行止めで20cm幅の木の板を渡るカイジごっこをしたりして進む。
 補給食は前日と同じくどこかのパン屋で仕入れようとしていたのに、店が全然開いていない。そうか、妙にお祭りしてると思ったら今日は日曜日か。

 名のある峠ではなく、1000m未満の峠を繋いで作ったこのコース。途中にあるのは小さな村ばかりで店なんてない。
ハンガーノックよりも水分切れでの脱水が怖い。喉の乾きも限界だったため進路を大都市に変更、これでちょっと短く、累積標高も少なくなった。
 マクドナルドで補給して一安心。コースが短くなったとはいえホテル到着は1時過ぎ。
24時間チェックインマシンの操作を誤り、予約されていないことになって焦る。

 予定より速度も出ないし膝も痛い。
ここから2日のコースはぐるっと半円を描く形で、明後日のホテルはここから150km程度なので翌日ホテルをキャンセルして1日休養日にすることができる。でも走りたいなーと悩む。


走行データ
8/26 162km, 8:32, 105w, 3136kj
8/27 208km, 10:21, 96w, 3537kj
8/28 252km, 13:46, 96w, 4638kj

0 件のコメント:

コメントを投稿