2011年8月14日日曜日

PBP2011仮 国境越え

※こちらはPBP2011当時に書かれた日記ドラフトです。帰国後に書かれた写真つき日記はPBP2011カテゴリーに。

 前日までの日記追記。
・8/11
 ショートカットして幹線道路でコブレンツに向かうことにしたものの、Attack!299の時のような気分の悪さが襲い全然進まない。
制限速度100kmの標識にビビリ走っていたB255から横の道にそれようとしたら更に大きなA3に合流、自転車押して引き返し。
 自転車通行禁止の標識は無かったんだけどAは走ったらダメな気がする。即死。
当たり前すぎて禁止標識が無いのだろうか?それとも場所によっては通行可なの?

 まあ100km/h制限とはいえそんなに出している車は少なく、60km/hでも100km/h近く出てるとこあるんじゃないかって日本とは逆な感じ。車も大きく避けてくれるので怖くは無い。

 コブレンツに着き妻と合流して夕食へ。
これは何?とメニューを指差したらフランクフルトとの返答に注文。出てきたのはピザだった。謎。

・8/12
 朝から妻に急かされるも、熱っぽいとか大袈裟にアピールして布団時間を増やす。気分が優れないのは本当。きっと肉分が足りないからに違いない。
 モーゼル川サイクリングロードを走る。
サイクリストは100人以上すれちがうが、ロードは全然見ない。まずサイクルジャージ着用が5%くらいでレーサーっぽいのは1%とか。
 自転車はマンションの前に錆びて放置してあるようなクロスバイク系がほとんどで、年配の夫婦が多い。
それなのにパニアバッグの装着率が5割以上。そのうち4割がオルトリーブ。
皆普通のポロシャツだがヘルメット着用率は3割くらい。

 自転車はボロボロでもパニアバッグは豪華。私の荷物量なんて雑魚レベル。すごいふしぎ。
バカンスに夫婦で自転車旅行。サイクリングロードで豪華な宿泊先に向かう、って人が多いのだろう。
日本とは全然違う自転車文化。

 パラパラとしていた小雨は40km地点くらいで本降りに。
バス停で待避後、よわよわ2名はあっさり輪行を決定。
GPSで調べた駅に引き返すがそこは貨物駅。がっかり。

 しばらく休むと雨も小降りに、カッパ着てもう少し先まで進むことにする。
大きな街に着いた時にまた強まる雨。2人で10ユーロ払って60kmほどショートカット。
自転車は電車にそのまま乗せられるためか、駅や車内は自転車のりがたくさん。
トレーラーつけたままの自転車もそのまま乗せてる。
 輪行がこんな楽だからパニアバッグとか多いのかな。シートポストにつけるバッグは1人も見ない。
電車内のサイクリストおじさんと妻がお話。休暇は何週間なの?と聞かれてて面白かった。

 電車を降りた駅はモーゼル川から少し外れ。
天気はすっかり回復しており、さっきまでの雨が嘘のよう。クースまで6km走って街並み観光。

 ホテルについてから地元のレストランへ。
自転車ジャージの我々を見て飲み物だけと思ったのかカウンターに案内される。ディナーと告げるとびっくりされて席移動。
メニューはドイツ語でサッパリわからず。厨房から出てきてくれた女性シェフに妻が「肉はどれだ?肉を食わせろ」と騒ぐ。
 あとから伝票を見て知ったのだが、どうやらメニューに無いスペシャルなやつを用意してくれたようだ。
前菜もなにも無しでいきなり主食。そして食べ終わってもまだお腹ヘリヘリ。

 メニューを貰い、もう一度ステーキとか注文する。
ウェイターの男性はまだ食うの?リスペクトとか言っていたが厨房の奥で先ほどの女性シェフは笑っていた。

 モーゼル白ワインを2本飲み、十分堪能して(シェフからはもうお腹一杯?大丈夫?と確認され)ホテルに戻って就寝。

・8/13
 今日もモーゼル川サイクリングロード。
土曜だからか更にサイクリストは多い。午前中は小雨がぱらつき、長袖インナーでも寒い。
前日から山の斜面にはずっとブドウ畑。信じられないような斜面にもブドウ。
ブドウ畑の中を走るのもう飽きたよ、眠いーと言いながらダラダラ走る。
 昨日のステーキが効いたのか体調は少し戻ってきた感じ。
飽きたー、飽きたーと言っていると妻がミスコースしてくれ、サイクリングロードを外れてブドウ山に突入。
何故か激坂を登らされる羽目に合い目も覚める。

 トリアーでポルタニグラを見たあとはサイクリングロードを離れて幹線道路。
時間的に間に合わないかもしれないから輪行という話もあったがなんとかなりそう。
それに輪行だと電車で国境越えちゃう。自転車での国境越えはしたことないし、是非やってみたい。
 そんなんで楽しみだったルクセンブルク入国。
ようこそルクセンブルクへ、またきてねドイツ。そんな看板でもあると思ったら何も無し。
橋を渡るとそこは別の国。なんてあっさり。

 予定していたルートではなく幹線道路でショートカットできそうだったのでそちらへ。
ついに制限速度は110km/hへ。ルクセンブルクの車はドイツよりも自転車抜くときに大きく避けない気がする。
ドイツでは対向車線に完全にはみ出して抜いてくれる車が多かったのだがこちらはほとんど無し。

 ドイツでは全然見なかったロード乗り。
ルクセンブルクに入ってからはワサワサ。50km走っただけでドイツ3日間の5倍くらい見る。
んーなんでだろう。こっちのサイクリングロードでも熟年クロスバイクより本気MTBやロードが多い。

 ホテルはレストラン兼。ルクセンブルクのビールとベルギービール。
あとは地元っぽいワインとコース料理。毎日摂取カロリーのほうが多いような。

■8/13の走行データ
154km, 8:08, 98W, 2795j

0 件のコメント:

コメントを投稿