2011年12月5日月曜日

PBP2011 Stage19_1:小さなセントバーナード

■8/30
  オハヨーサーン、オハヨーサーン。


  街明かりがボンヤリだった夜とは違い、部屋の窓からはブール=サン=モーリスの街並みがよく見えます。


  時刻は7時半、街はまだ山の影に覆われています。街の向こう側(右のほう)が昨日下ってきたロズラン峠でしょうか。
昨晩はスーパーで買った非常用のバウンドケーキとチョコロールパンしか食べてないから、朝はしっかり食べないと。


  結構昔からあるホテルのようで、テーブルに敷かれた紙にはこれまでのホテルの建物の遷移が書かれています。


  レストランからも外が良く見えます。気持ちいい。


  ビュッフェはチーズとハム、それからクレープもありました。
パンを入れているボウルはテーブルで出たゴミを入れるヤツだと思うんですよ。ゴミ用かなと思いつつもサイズがピッタリだったのでパンを運ぶのに使います。

  店のシェフに、その卵は生だよボイルしないとダメだよと注意を受けました。
(ボウルの件でも何か言いたげでしたがこれは特に何も言われず)


  はぁ、この宇宙っぽいカプセルに卵入れて好きな固さになるまで茹でるのね。
全然わかってない外国人旅行者には困ったものです。


  食事の後は洗濯物をドライヤーで乾かしてと。
時刻は9時、もう街まですっかり日が差しています。


  自転車はこんなガレージに置かせて貰いました。
ホテルのおじさんがPBPのナンバープレートを見て、「何かの競技なのかい?」と尋ねてきます。
あーパリブレストねと納得していましたが、何か勘違いしてる気がします。クラシックレースじゃないですからね。「ただのサイクリストですよ」と返答します。


  自転車じゃなくてバイクの人が多く泊まってるみたいですね。ホテル内にもバイク用の整備用具が置かれていました。
朝食込み65ユーロとここまでの宿より少し高かったですが、立地的にも面白くてまた泊まりたいなあと思ったホテルです。


  昨日途中まで登ったこの峠はプチ・サン・ベルナール峠(Col du Petit-Saint-Bernard)。
プチは小さいのプチで、小サン・ベルナール峠と訳されることも。

  プチと言えども峠頂上の標高は2188m。ただ昨日1500m付近まで登っているのでホテルからだと標高差は700mほど。写真を見ての通り、こちら(フランス)側の路面は少し荒れていてイマイチでした。峠の路面なんていつ補修したかで変わるので1,2年後には全然役に立たない情報になってるかもしれません。


  今登っている斜面の南側にも峠が見えます。あっちがブール=サン=モーリスで道標のあったArc1800かな。後で調べるとArc2000ってのもあるようで街のすぐ近くのスキー場な感じ。


  少し登っただけで建物が見えて来ました。もう頂上かしら?


  ここはラ ロジエール(La Rosiere)。標高は1850mほど。
峠の中腹に売店やお店があるようです。

  サン・ベルナール、サン・ベルナール、Saint-Bernard。
英語読みしたら、そう、セント・バーナード。


  峠での遭難者の救助に活躍した大型犬、後にこの地方での活躍にちなんで同種が「セント・バーナード」と命名されたそうです。


  売店にはセントバーナードと、(全然可愛くない)マーモット?のぬいぐるみが積まれていました。


  標高は2000mに近づき、周りの木々の数も減っていきます。


  街は遥か下に。
ただ2000m近い標高が広く続いているわけではないので、少し下からは木が茂っていていいポイントを探さないとそこまで眺めがいいわけではありません。


  バイクの人たちも停車して景色を眺めています。


  空も晴れ渡っていて遠くまでよく見えます。しかしあの街はホント周り山ですね。
前日冷やしちゃったせいか膝がかなりガクガクなので休憩しながら登ります。


  そして眺めのいい場所にはやっぱりベンチが。
車があまり通ってないこの峠でも、ここまで来てゴハン食べる人とかいるんでしょう。


  山は完全にハゲてきました。頂上まであと少しかな。
2000m付近になると風通しが良くなるせいか、気温がぐっと下がる感じがします。


  電線を引いた残骸が。


  しかしこの峠、横を通っている電線がやたら目立つんですよ。


  オレたちこんな峠に電線引いちゃったもんね、すげーだろー。
ってワザと目立たせているんじゃないかってくらい白くピカピカ輝きます。イタリア人だし。


  …丁度日の光の加減で反射してただけで逆から見たら目立ちませんでした。イタリア人に対する偏見でした、すみません。
川の跡?が赤いのはなんなんでしょ。


  なにやら不明な像と建物が見えてきました。あそこが頂上のようです。



2 件のコメント:

  1. 以前、標識とNHKのどーもくんの件でコメントしましたものです。
    かつて、このあたりに短期間住んでいたことがありましたw。
    この道も通りました。
    懐かしいものを見せていただいて嬉しかったです。

    ちなみに、ここらへん、観光客相手にはミネラルウォーター売ってますけど、地元の人は普通に水道水とわき水飲むんですよねwひでえ。
    源泉と水源がエヴィアン辺りとほんとは繋がってるから…とか言ってる人がいました(ほんとなのか)

    返信削除
  2. ああ、コメント頂いてたの見落としてました…
    ミネラルウォーター買うのは高いのでほとんど水道水でした。お腹は丈夫なほうでは無いのですが特に問題は無かったです。
    コンビニが無いから湧き水を頼りにしないと水分補給間に合わないし。

    返信削除