2012年1月26日木曜日

PBP2011 Stage22_2:スイス峠も牛でてるし。出放題。


  今日のコースは時間に余裕あり、写真を撮りながらゆっくり登りましょ。


  向こうに写ってる白い岩山がスイスっぽい?
スイスの2000m超峠はもっと寒いと思っていましたが、昨日の雨上がりのスステンを除いて20℃くらいはある感じでした。


  標高は2250m。山頂が近くなると風が冷たくなってきます。
タンポポの綿毛をデカくしたようなこの植物は何だろうと撮っていたら、


  後ろからさっきのおじさん集団の1人に抜かれました。
ちょっと悔しかったのでカメラをしまって猛ダッシュ。が頂上まで逃げ切られてしまいます。


  アルブラ峠(Albula Pass)到着。青空が綺麗です。
標高2315m。泊まった町、フィリスールからは21.8kmで標高差1285m。平均斜度は5.9%。


  バイク(エンジンつきのヤツ)で来てる人が沢山。


  自転車スタンドもありました。こういった峠で見るのは本気ロードです。


  ちょっと私の自転車だけ場違いな感じ。
奥のカフェでさっきのおじさんチームと、最初からいた数人が話しています。

  これからどこに行くの?と聞かれたので「イタリア」と答えたら、「○○峠を越えていくの?」
「峠の名前知りません」と言うと、これから走る峠の名前を何故知らないんだと笑われます。


  頂上付近には牛がいます。


  みんなノンビリ。


  はっ、また出ちゃってる牛が。
車が止まって、降りてきたおじさんが写真撮ってました。凶暴おじさんではなくて牛も安心。


  柵とか全くないんですけど。これじゃ牛も出放題です。フリーダム。


  どーもくんが興味を持たれました。


  頂上付近は少し平になっています。振り返って向こうに見えるのが頂上の建物。


  2300m超の峠とは思えない平坦さ。


  このまま平地がずっと広がっていそうな気がします。


  平均斜度はそれなりにあるんですけどね。
斜面の片側を九十九折で登って下界が見える、では無くて真っ直ぐ道が続いているのでそう見えるんでしょうか。


  麓の町、標高1700mまでこんな感じ。



0 件のコメント:

コメントを投稿