2013年10月9日水曜日

2013タンデム福岡_30: 最終日の王子様

○5/9
  長かった福岡タンデム旅行もいよいよ最終日。
残すところは散々走って飽きている実家-自宅間。もう輪行でビュバーっと帰ればいいよと思うも、分割不可タンデムなので走るしかありません。

  朝ダラダラしてたら出発は12時になってしまいました。これだと帰宅は夜中だなー。

  踵だけでなく爪先まで崩壊した靴。
今回は足の痛みはどこも無し。ソールが硬い靴のほうが漕いでて気持ちよくてサイクリングでも何でもカーボンソールの靴を使ってましたが、メインの靴が壊れちゃったので昔使ってたナイロンソールを引っ張り出してきて使用。
  こういったツーリングはそこそこ歩くため(ボロボロでどんどん崩壊していったのを除けば)悪くなかったです。数日ならよくても数週間の間カーボンシューズ履きっぱなしだとそれなりに足疲れるし。

  新富士川橋の歩道から富士山。

  この新富士川橋、車道には自転車通行禁止標識があって歩道を走れってトコなんだけど、歩道の幅が狭いのよね。反対車線(下り)は橋手前には自転車通行不可標識は無く、渡り終わってから出現となっていて通っていいのかどうか良くわからない状態。まあこちら向きがダメなのは確実。

  後ろからロード乗りの人が来たため、柵にピッタリくっ付いて追い抜いて貰います。「なにその自転車?」といった会話を2,3言話した後に通過。タラタラと橋を渡るとその先で先ほどのロード乗りが待っていてくれました。
  「この先自転車通行不可な箇所あるけど道わかる?」
白BOMA。白BOMAに乗ったオジサマ素敵。

  何度か通っているものの良く間違えたりして不安なため、先導をお願い。
普段チーム練習でしっかり走ってるなーって走りは後ろについた時の安心感が違います。ブルベだとあまり集団で走ったこと無さげな人も多いからねえ。

  吉原の駅を越えたところでお別れ。改めて自己紹介。
「その自転車でよく走れるねえ」って数kmずっと引いて貰ってたわけですし。お陰で集中して楽しく走れました。

  ロングサイクリングの帰路って知ってる道をただ移動するだけって感じになっちゃってタレタレになることが多いです。今回こういった小さなイベントがいくつかあったことで最後まで楽しめたかな。

  完全に日が暮れた箱根の下りは渋滞を避けたいつもの旧国1ではなく、国1を選択。夜中だから車も少ないかなと。

  下りは寒いです。コンビニで暖まろうと寄ると、3,4匹が猫会議の真っ最中でした。
旧道でもよく猫見かけるんだよね。箱根はノラが多いのかなあ。


■5/9 浜松 - 登戸
走行距離 248km
累積標高 2214m

○最後に
  過去九州に向かったサイクリングは怪我や機材トラブル等で最後まで走りきれたことが無く、なんとなく嫌なイメージを抱いてしまったいました。
今回は最後まで楽しく走れて(最初の静岡400kmブルベDNFが残念ですが)大成功だったと思います。

  日記の第1回で書いたようにタンデムの問題点は速度。結果同じ距離を走るのに長い時間がかかってしまうため、タンデムで300km/dayを続けるのはちょっと厳しいかなと思います。ロードと比べて加速も悪くてなんだかダルい感じもするし。

  ただ速度的には
ロード >> シングルギア > ソロタンデム > 妻タンデム ≒ 固定
でも、走りやすさ(体の故障しにくさ)は
ロード > ソロタンデム > 妻タンデム >> シングルギア >>> 固定
といった具合で、ゆっくり走るのであれば(ソロ)タンデムも悪くないかなあと感じました。フロントトリプルなのも大きいか。

  2015のPBPはソロタンデムかしら。

  今回泊めて頂いた岩本さん、inainaさん。そして何より福岡Heavenで一緒に走ってくれた皆さん、ありがとうございます。
  普段のブルベでは人の後ろについて走ることは少ないため、誰かにずっと前を引いて貰うというのは新鮮で楽しかったです。程ほどの速度で人の後ろで走らせて貰うって楽だねえ。ブルベなど集団での長距離ライドに人気があるのが少しわかった気がします。

■全区間累積
日数 21日(4/19~5/9, 完全休養日2日)
距離 3830km
標高 31902m



0 件のコメント:

コメントを投稿