2014年9月5日金曜日

SR2400_11:休養日は200km

□8/14
  夜中に到着し、無人フロントに名前付きで置かれた鍵で入室したホテル。
駅前のため自転車を外に止めておくのは危険かなと、玄関のデッドスペースに置いておいた。朝起きてその自転車の裏が扉になってたことに気付く。ごめんオバチャン。デッドスペースだと思ってたよ。

  人当たりのいいオバチャンとお話。「夜中に到着したのにもう出発するの?」
FujiとNihonAlpsでクタクタに疲れ切っていた場合、この日は100km移動で宇都宮までの予定だった。台風や大雨で体は疲れていることは疲れているんだが、脚はあまり消耗していない。

  出発前、全ルートを繋げたところ2320kmで累積39000mくらいになった。どうせならあと100km,1000m登ればSR600x4になる。ということで宇都宮までのこの日、オプションコースを用意していたのだ。いまの感じなら特に休養に充てなくても3本目の北関東は走れそうだ。

  というわけで南下~。

  あ、この映画知ってる。「ラストオブアキカン」だっけ。

  神流湖(かんなこ)

  川沿いでサイクリングにはもってこいの道路。

  ここでスピーカーから町内放送が。
「○○中学校のご両親の皆さま。3年生一同は現地に到着、現地気温は12℃、皆元気に観光しています。ご安心ください。」
  気温12℃かー。どっかの峠に合宿にでも行ってるのかね、と聞いていると、どうやらオーストラリア。オッサンが山の中自転車で走って凍えてるお盆に、きょうびの中学生はオーストラリア。

  国道299に入って恐竜の足跡。

  志賀坂峠へ。ここまで1600kmほど走って小鹿野とは…
WRJ(小鹿野にワラジカツを食べに行く会)メンバーはこのルートで来るといいよ。

  志賀坂越えたあとはそのまま北上。
乗鞍不通過で獲得標高が少し足りなくなってしまったため、足利からはややアップダウンがある国道293。
  ここでやっぱりゲリラ豪雨。夏だから夕方にザっと降るのは予想の範疇とはいえ、いくらなんでも降られすぎだよ今回。

  ホテル鶴到着は19時過ぎ。
シングルルームが無いのであまり安くないんだけど、翌日の北関東が少しでも楽になるようにと奮発。このホテル、コインランドリーがあればいいのにな。

0 件のコメント:

コメントを投稿