2013年2月28日木曜日

2012パラダイス_06: 出逢い。逢うってなにさ。

○8/14
  紋別のホテルでゆっくり休み、チェックアウトはギリギリの11時。21時間の滞在で疲れもとれたかな。
外に出るといい天気。ブルベじゃないんだから昨日雨の中走らずに休んで今日まとめて走れば良かったんじゃないか。

  もうガツガツ走る気は無くなってすっかり観光モード。せっかく紋別に寄ったんだし、流氷科学センターとやらに行ってみよう。


  科学センター兼、道の駅。クマ、頭のバランス変でない?
結局有料の部分は入らずに喫茶店でホワイトカレーを食べておしまい。


  外にはカニ。紋別の有名?なオブジェらしい。

  その後はブルベコースに戻るが、サロマ湖の先端に行ってみたくなってまた寄り道。先端部分ってどうなってるんだろ?


  キャンプ場だった。


  湖の向こう側がかろうじて見える。

  昨晩しっかり休んだうえに前日は150kmしか走っていないため今日は好調に違いないと考えていたが、脚がどうしようもなく重い。
  なんでこんなに動かないんだろ?前々日はまともに寝てないし、雨の中の1日では疲労は全く抜けていないのか。

  とにかくもう笑っちゃうくらい遅くて、サロマ湖畔の道の駅でまた休憩。
ここからのコースはサイクリングロードか。タラタラ走るにはもってこいだな。


  オホーツクサイクリングロード。
ここには「出逢い、オホーツクの風の中で」なる看板があった。
出逢い!いったいこのサイクリングロードでは何か待ち構えているというのか。高まる期待。

  が、サイクリングロードで(ごく稀に)見かけるのは地元のオバチャンのみ。
偽りありの看板に悪態をつきながら終点付近、なんとそこには大量の女子大生。おおっ。なにやら関東の複数大学のランナーが合同で合宿を行っているよう。

  「あ、超カッコイイ自転車乗りの人が今通ってったよ」なんて言われてるに違いないと妄想しながらスルー。もちろん何事も無し。

  前日も宿がなかなか空いてなかったし、ホテルで朝調べた限りでは今日の宿も厳しそう。
斜里まで行かずにここ網走で探したほうがいいんじゃないか。どうせ今日は脚も動かないし。

  スマホで検索すると東横インに空きが。おお、とホテル前まで行き、やっぱり斜里にホテルあるかなと検索しているうちに満室になる。さっさと予約しちゃえばよかった。

  もう網走に空き部屋は見つからず、夜通し走ることも考えながら先へ進む。
日が暮れてきたとたんに急に下がる気温。前回の1200kmの時もそうだっけ。昼は暖かくても夜や明け方は一気に冷えるんだよね。
しかしこの日の寒さは前回以上のような。

  斜里到着は19時半。WEBで調べても空き宿は無し。町はかなり小さく、ホテルを見つけるのは困難かもしれない。
かといってこの寒い中、知床半島の峠を越えられるのか?悩んでいると駅前に小さなホテル。飛び込んで「空いてますか?」「一部屋あるよ」
  フロントのオバチャンと丁度その会話をしている最中に電話がかかってきて、「あー今満室になっちゃった」とオバチャン受け答え。
「よかったねーギリギリだったよ」ほんと良かった。やはりこの寒さの中、峠は越えられそうに無い。

  「もう寒くて寒くて」なんて話すとオバチャンは本州の人は何を言ってるかね?てな怪訝そうな目をした後、「あー確かにここ2日は例年と比べてかなり寒いね」「宿とれなかったらこれから知床半島越えなきゃならないところでした」「これから夜中に?それは無理じゃない?」

  セイコーマートでワインを買って部屋の湯飲みで飲む。毎日毎日飲んでばっかだな。


  サロマ湖の出っ張り部分は20km弱。遠回りするほどのものでも無かったなと少し後悔した。

■8/14
・走行距離:169km
・ここまでの累積:2189km
・宿泊:斜里第一ホテル(自転車は別部屋で預かってくれた)



0 件のコメント:

コメントを投稿