2018/06/01

RAAM通信vol.2:チームスズキケ紹介

このRAAMソロ、日本人の参加は1999年の桜井要さん以降、19年ぶり2人目となります。
レーサーである私とクルーを紹介します。


■レーサー

鈴木裕和

43歳のオッサンサイクリスト

・2016年Race Across the West完走(9位)
・2015年、2011年PBP完走(2007年は事故でリタイア)
・ブルベの最長距離はBAJ2400km
・ツールド沖縄市民200kmは過去3回完走
・富士ヒルクライム64分58秒とギリギリゴールド
・エンデューロ系のホビーレースは何回か入賞したっけな

戦績を書くのはマイナスにしか…ホビーレースを少しかじった程度でレーサーとしての力は非常にショボい。集団走行もしっかりとした練習をしていないため、マスドレースにはもう10年以上参加していない。

ではロングライドで速いのかというと、50時間切りを目指した2015PBPも800km地点で失速と全然パッとせず。はっきり言えばとても遅い。
が、PBP後のフランスアルプスサイクリング等、過去4000kmを超えるサイクリングは何度も行っており、RAAM参加への心の拠り所はこのあたり。恐らくチーム内で最も英語がダメ、そのかわり牛と会話できると信じている。


■クルー

※ブルベで知り合った仲でもあり個人の紹介として所属するクラブを記載していますが、クルー参加は各個人の行動であってAudaxJapanや主催クラブの活動とは一切関係ありません。

鈴木ちさ

クルーチーフ。他のクルーへの指示、補給担当。レンタカーや物資の手配などRAAM参加までの雑多な作業は全て任せている。

慎重派で咄嗟の判断は苦手。妻のためレース停止の判断が甘くなるのでは?とかレーサーが言う事聞かないのでは?とかいろいろ危惧されているが、まあ無事に帰ってくるにはそのくらい慎重で丁度いいのではないか。


立川一昭

補給、運転担当

2015年スズキケ第1次RAWクルー。70歳超のチーム最高齢にして2018年のBRMは600kmまで完走しているベテランランドヌール。

卓越した英語力とネゴシエーション力でチームを有利に導いてくれるはず。


本多海太郎

運転、機材整備担当

AJ神奈川代表。ブルベスタッフとして運転には慣れており、安心してフォローカーを任せられる。

自由奔放すぎるマヤさんを裏から制御するフィクサーでもある。


井手マヤ

運転、クッキング担当

AJ神奈川スタッフ。日本のブルベ黎明期から活躍する伝説的ランドヌーズ。

砂漠の太陽を利用したソーラークッキングで美味しい物を調理すると言って聞かない。ちゃんとサポートして貰えるのかな。


吉田仁

運転担当

R札幌代表。後半から参加。

レーサーが主催するAJZwift(ローラー台でのバーチャルブルベ)での唯一の3年連続SR保持者。やられてもやられても走り続ける熱いランドヌールであるが、AJZwift繋がりで今回はクルーとして参加してくれた。


蓑田一郎

運転、機材整備、マッサージ担当

VCRあおば副代表。前半のみ参加。

短距離~中距離に関してはレーサーより圧倒的に速く、その走力ゆえ、ひどいコースを作ることで有名。
あおばひどいの「い」は一郎の「い」である。


冨永栄治

運転、機材整備担当

元VCRあおばスタッフ。2015年スズキケ第1次RAWクルー。車でのアメリカ横断経験あり。

冷静沈着な性格と多岐にわたる能力により、2015年RAWリタイア時には故障したアポロ13を地球に帰還させるエド・ハリスに例えられた。


尾澤千恵子

運転担当

元RC名古屋代表。ゴール直前に離脱。

2017年にボレゴスプリングスで行われた24時間タイムトライアルでは666km走って女性3位に入賞、RAAMの出場権を獲得している。2019年RAAM参加予定。


村上ゆりか

補給、撮影担当

ペーパードライバーであるなどスキル的に妻と被っており、補給やチーム全体の情報把握係としてクルーチーフ代理を務めてくれる。

彼女の撮った花の写真は良く見るけど男の写真は見ないので綺麗な物しか撮りたくないのかもしれない。


山名英明

補給、広報担当

2016年スズキケ第2次RAWクルー。後半から参加。

@raam_japanの中の人。不精なレーサーに代わりRAAMビラを作ったりと情報拡散に努めている。
レーサーとは同じ大学で同じ会社(元)でもある。


荒堀淳一

補給、撮影、運転担当

アメリカ在住。一応補給係として動いて頂くことになっているが、運転もできる為いざという時はドライバーに。

道中のいろいろな景色を綺麗な写真に残してくれるのではと期待している。クルー内で唯一BRM600kmを走っていない常識サイクリスト。


根本俊之

運転、機材整備、DIY担当

アメリカ在住。クルーセミナーへの参加、各種資料の読み解き、データの作成などここまでクルーチーフ以上の作業量でチームに貢献している影のチーフ。

いろいろこなせる人であっても基本運転できる人はドライバーになってしまうので勿体ない。



レーサー1人がアメリカ横断するために、総勢12名のクルーがサポートしてくれます。(蓑田さん尾澤さんは前半のみ、吉田さん山名さんは後半のみ参加で、常時いるクルーは10名)
皆が自転車乗りであり、錚々たるメンバーです。下手したらレーサーよりも長距離強いかもしれません。クルー力で保っているチームですが、尻を叩かれながらレーサーも頑張りたいと思います。

またこのRAAMへの参加資格を得る為のレースRAWでも、何人かのクルーが協力してくれました。


■2015年第1次RAWクルー

鈴木ちさ


立川一昭


冨永栄治


金井いずみ

運転、お笑い担当:特技は天然


■2016年第2次RAWクルー

鈴木ちさ


山名英明


加藤毅

運転担当:特技は台湾水餃子

三和真

運転、撮影担当:特技は睡眠

1 件のコメント:

  1. 灼熱の砂漠で貴方に焼肉をたべさせたい!
    肉パワーで完走間違いなし。腕を振るいますよ。

    返信削除